初心者のための犬講座 ハジメの一歩 第9回「大好きな犬との旅行についての基本5ヵ条」

 

 

 

 

 

第9回「大好きな犬との旅行についての基本5ヵ条」

 

 

 

「待て」と声に出して言うのと同時に、
右手の平を広げ愛犬の顔を圧するように
顔の前にもっていきます。
犬が瞬きするのが目安です

 

 



 

 

他人に対して絶対に迷惑をかけないこと!

 

犬との旅行や外出が自由にできる中で、
愛犬家の皆様方にぜひとも守って
頂きたい5カ条を書いてみます。

 

 

①トイレはシーツの上、外で用を済ませる場所で出来ますか。

 

②他人に対し敵意むき出しに吠えたりしませんか。

 

③他人に対し、威圧感を与えたり咬む行為は厳禁です。

 

④人通りの中で飼い主の左横について、正しく歩けますか。

 

⑤『待て』の指示が出たら座って1分は待つことができますか。

 

 

以上の5カ条が守れるようになれば、旅行も良いと思います。

 

 


愛犬家の皆様方は、
人の身になって考えて頂ければと思います。

 

 

愛犬との旅行で大切なことは、
他人に対して絶対に迷惑をかけないことだと思います。

 

車中で、犬にとって最も大事なことはゲージに入れて
休ませておくことです。窓から犬が外をのぞく姿は決して
褒められたことではありませんので、気を付けてください。  

 

 

 

←第8回「愛犬を守るための夏場の注意事項」

 

→第10回「犬のほめ方、しかり方」

 

 

山梨セラピードッグクラブ代表

 

車椅子の犬訓練士
中村幹先生

日本警察犬協会の公認1等訓練士として多くの
チャンピオン犬を輩出。車椅子生活になって以降も
精力的に訓練を継続している。

 

中村幹先生のしつけ教室の詳細は
ホームページにてご確認ください↓
http://www.geocities.jp/chamanosukepd/

 

山梨県甲斐市岩森1159-9
TEL:0551-28-7871

click→山梨セラピードッグクラブマップ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です