第7回うおバカ日誌(仮)「師匠、魚を入れる前のことについて語る」

 

「うおバカ日誌(仮)」とは、
2016年9月1日発行「BUDDY」より始まった、
魚の道を極めるコーナー!

基本的にポンコツな師匠とポンコツな弟子が
お互いをバカにしながら、
楽しくお送りするコーナーとなっております。

 

20160420232619ce0師匠:トロピカル中澤
中学1年でピラニアを飼い始めてから、魚とともに人生を歩む。「飼うのも好きだけど、捕まえたかった」と、20代で単身ブラジルに渡り半年を過ごす。熱帯魚ハンターとして有名なグランデ小川氏に弟子入りし、トロピカルの名をいただく。現在、師匠はインペリアルゼブラプレコを自宅で飼育。「好きな魚は売れる魚!」と言いきるゲス野郎でもあります!? 趣味は食品の裏に書いてある表示を鑑賞すること。毎週日曜は、ペットフィールド敷島店(甲斐市中下条949-2 TEL:055-277-5965)に出勤中。日曜は師匠をイジリ倒す日。師匠のブログはコチラをクリックインぺな時間

 

pinnga弟子:ピンガ三谷(写真左)
山梨県発ペットのフリーペーパー「バディ」の編集長。魚に関してはまったくのド素人。小学校のとき、デパートの屋上の熱帯魚を見て感動、プラティなどを衝動的に飼い始めたが、飼い方が何もわからず全滅させてしまった苦い経験あり。最近、水槽にもう一度チャレンジしたい気分が高まって…。「水槽を置いてスタジオをかっこ良くしたい! 魚をやっている男ってモテそう!」とのゲスい想いで師匠に弟子入り。ちなみにピンガとはブラジルのお酒の名前。師匠が3秒で考えて付けてくれた、テキトーすぎる名前で頑張ろうと思いますっ! 弟子のブログはコチラをクリック編集長ブログ

 

 

 

第7回「師匠、魚を入れる前のことについて語る」

 

師匠と弟子、おバカコンビがお送りする「うおバカ日誌」。
第7回目は、魚を入れる前にやるべきことを、師匠が語ります。
早く魚を入れたいけど、その前にやるべき大切なことがあるのだ。

 

ピンガ三谷
師匠、大ニュースです! 読者ハガキで師匠のコーナーを楽しみにしてるっていう人がいたんですよ。しかも、女の人。誰も読んでないと思ったのに…(笑)。もちろん師匠の仕込みなんでしょ?
トロピカル中澤
んなワケねーだろ! 俺は、魚心も女心もわかる、モテ男! 君とは違うのだよ、君とは。
ピンガ三谷
くぉ~、人をザク扱いしやがって。そんなことよりコーナー始めましょうよ。前回で置き場所はきまったんで、早く魚を買いに行きましょうよ。さかな、さかな、さかな~! 魚入れたい~!
トロピカル中澤
このアンポンタンがっ! これだから、トーシロは困るぜ。魚を入れる前にまずは水槽をセッティングして何日か魚が入っていない状態で水を循環させないとダメだろうがっ!
ピンガ三谷
えぇー! そうなんですか。すぐに魚を入れて、泳いでいるところが見たいじゃないですか。
トロピカル中澤
焦るなって、このバカチンが! いいか、何ですぐに魚を入れちゃダメなのか教えてやるぜ。何日か水を循環させることによって、水を浄化してくれるバクテリア菌を発生させなきゃダメなんだよ。バクテリアっていうのは、水の中のアンモニアを分解してくれるんだよ。アンモニアっていうのは、魚にとって毒性が一番強い。簡単に言うと、アンモニアがある水の中に魚を入れたら、毒があるから死んじゃうんだよ。トーシロは我慢できずに、すぐに魚を入れてしまう。で、魚死ぬ⇒水槽難しい⇒もう嫌だ⇒水槽なんて嫌い⇒そんなことより海に行こう。そういう流れだ。
ピンガ三谷
最後のところは、意味不明ですけど…。よくわかりました! 焦っちゃダメ、恋愛と同じですね。
トロピカル中澤
お前が偉そうに、恋を語るな! 一生語るな! まぁ、ってことで、次は水槽セッティングについて伝授してやろう。魚をすぐに入れたい気持ちもわかるが、ここがホントに重要だからな。(続く)

 

 


今回は水槽の写真がないので、誰も見たくないとは思います
が、ブラジル時代の師匠の写真でご勘弁くださいm(__)m

 

 

トロピカル名言⑩
「俺は、魚心も女心もわかる、モテ男!」

トロピカル名言⑪
「アンモニアがある水の中に魚を入れたら、
毒があるから死んじゃうんだよ」

 

次回は、
水槽に入れる砂に
ついて師匠が語ります。
お楽しみに♪

 

ペットフィールド敷島店
山梨県甲斐市中下条949-2
営業:10時~20時 定休日:年中無休
TEL:055-277-5965
販売:登録1131162号 保管:登録11311163号

↓ペットフィールド敷島店MAP↓
https://goo.gl/maps/9rmJvsmtQG9dMme28

 

第6回「師匠、水槽の置き場所について語る」
第8回「師匠、水槽に入れる砂について語る」

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です