【ペットの適正体型を知る】ペットの肥満にご注意!

 


山梨県発ペットのフリーペーパー「ペット雑誌BUDDY(バディ)」 2015年11月号掲載

 

 

犬や猫の飼い方、しつけ、マナーなどなど、飼い主さんの役に立つこと間違いなしのペット情報をお届け! ココでは「山梨県動物愛護指導センター」からのペットに関するお知らせをお送りします。犬や猫の飼い方教室の情報や犬・猫の譲渡情報もありますので、ぜひご覧ください!

 

 

【ペットの適正体型を知る】ペットの肥満にご注意!

 

 


出典「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」環境省発行

 

 

 

ごはんやおやつを美味しそうに食べるペットの姿はとても可愛いものです。

 

 

ちょっとぽっちゃりのつもりが実は肥満になっている子も…。人間と同じくペットの肥満も色々な病気の原因となるので注意が必要です。

 

 

まずはペットの適正体型を知りましょう。理想的な体型は肋骨をさわることができ、上から見た時に腰のくびれが確認できること、横から見てお腹が吊り上がっているものです。

 

 

不妊去勢手術をした後の動物は、繁殖に必要なエネルギーが不要となり基礎代謝量が低下するため肥満になりやすい傾向があります。手術する前と同じ種類のフードを同じ量与えているとカロリーオーバーになってしまうことがあります。

 

 

寒くなると室内飼いのワンちゃんはお散歩の時間が短くなり、運動不足になりがちです。食餌は適正体重や年齢、体格に合わせてコントロールして与えるよう注意しましょう。

 

 

また室内でもできるおもちゃを使った遊びなどにより運動不足を解消するよう気を付けましょう!

 

 

←【ペットの身体の不調を把握】フンや尿はペットの健康のバロメーター!

→犬のしつけは楽しんで!

 

犬や猫を動物愛護指導センターから迎えてみませんか?

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護指導センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

 

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護指導センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です