フィラリア予防薬は忘れずに最後まで! ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

2014年10月号ペット雑誌バディ掲載
ペットと暮らす

 

フィラリア予防薬は忘れずに最後まで! ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

 

 

 

朝晩めっきり涼しくなり、蚊をみることも少なくなってきたのではないでしょうか。

 

 

暑く、蚊が多い時期には、しっかり投薬していたフィラリア予防薬。涼しくなり、蚊がいなくなったら、フィラリア予防薬はいらないのでしょうか?

 

「フィラリア症」とは、蚊が吸血することで感染がひろがり、犬の体内に侵入した子虫は2ヶ月ほどかけて成長しながら、主に心臓や肺の血管等に移動します。

 

「フィラリア予防薬」とは、犬の体内に侵入したフィラリアの子虫を駆虫する薬ですが、1回の投薬で1ヶ月間効力が持続する訳ではありません。

 

蚊をみなくなったからと投薬を勝手にやめてしまうと、いままで続けてきた予防の努力が水の泡となり、フィラリアに感染してしまいますので、かかりつけの獣医師の指示に従って最後まで投薬しましょう。

 

予防薬の種類によっては、長期間効果が持続するものもありますので、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

 

 

←マイクロチップを装着したら、データベースへの登録を忘れずに!

→フンや尿はペットの健康のバロメーター!

 

 



 

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です