マイクロチップを装着したら、データベースへの登録を忘れずに! ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

2014年7月号ペット雑誌バディ掲載
ペットと暮らす

 

マイクロチップを装着したら、データベースへの登録を忘れずに! ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

 

 

 

マイクロチップには、世界で唯一の15桁の数字が記録されています。

 

 

マイクロチップをペットの体内に装着すると、脱落することがほとんどないため、確実な身元の証明となります。

 

 

しかし、マイクロチップに記録されている数字のみでは、飼い主さんを特定することはできません。

 

 

ペットが迷子になった時、ペットに装着されていたマイクロチップ番号を読み取り、動物ID情報システムデータベース((公社)日本獣医師会)の登録情報と照合することで、やっと飼い主さんを特定することができます。

 

 

マイクロチップを装着したら、必ずマイクロチップに記録されている数字とペットの飼い主の名前や連絡先等の情報をデータベースへ登録し、引っ越し等で登録データに変更があった場合には、忘れずに変更の手続きを行いましょう。

 

 

また、万が一迷子になったとき等のため、マイクロチップを装着するだけでなく、誰が見てもすぐ分かる迷子札なども装着しておくと安心です。

 

 



 

←犬(ペット)とのドライブ

→フィラリア予防薬は忘れずに最後まで!

 

 

 

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です