【ペットの虫対策】ノミ・ダニ・マダニ・蚊、ペットが病気になるのを防ぎましょう

 


山梨県発ペットのフリーペーパー「ペット雑誌BUDDY(バディ)」 2018年9月号掲載

 

 

犬や猫の飼い方、しつけ、マナーなどなど、飼い主さんの役に立つこと間違いなしのペット情報をお届け! ココでは「山梨県動物愛護指導センター」からのペットに関するお知らせをお送りします。犬や猫の飼い方教室の情報や犬・猫の譲渡情報もありますので、ぜひご覧ください!

 

 

【ペットの虫対策】ノミ・ダニ・マダニ・蚊、ペットが病気になるのを防ぎましょう  

 

 

 

 

暑い夏が過ぎると、少しずつ過ごしやすい陽気になっていきます。飼い主さんのちょっとした心がけで、家族やペットが病気になるのを防ぐことができますので、秋に向けて、ペットの虫対策を再度考えてみましょう。

 

 

ノミ・ダニ・マダニ

ノミ・ダニ・マダニは、公園や河川敷の草むらなどで生活しながら、散歩中の犬や猫に飛び移って血を吸おうと狙っています。ノミが体に寄生した場合、かゆみだけで無く、貧血や皮膚炎、細菌の二次感染、サナダムシがお腹の中に寄生することがあります。

 

ダニ・マダニが寄生した場合、ライム病や犬バベシア症だけで無く、人やペットともにSFTS(重症熱性血小板減少症)など死にいたる病気にかかることがありますので、人は長袖など肌の露出の少ない服装を心がけるとともに、ペットには虫の寄生を予防する薬を使いましょう。

 

蚊(フィラリア症)

フィラリア症とは、蚊に血を吸われることで感染する病気です。人は蚊に刺されてもかゆいだけですが、犬や猫は感染すると虫が心臓に寄生するため、症状が出ると命に直結します。

 

蚊は神出鬼没。室内にいるから大丈夫と安心できません。大切なペットを守るためにも、フィラリア症の予防をしっかりしてあげましょう。

 

 

←【同行避難?同伴避難?】災害時におけるペットとの避難の方法

→防ごう!犬による事故

 

 

犬や猫を動物愛護指導センターから迎えてみませんか?

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護指導センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

 

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護指導センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です