同行避難?同伴避難? ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

2018年4月号ペット雑誌バディ掲載
ペットと暮らす

 

 

同行避難?同伴避難? ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

 

 

 

 

 

環境省は、災害時の避難の際、ペットとの「同行避難」を呼びかけてきましたが、2018年2月に「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を「人とペットの災害対策ガイドライン」と改訂し、ペットとの避難の方法が区分されました。

ペットの飼い主は、災害時に備え、ペットの必要物品を備蓄するとともに、避難が必要な時にどのように避難するのか、避難後どのようにペットを飼養管理する(できる)のか、日頃から考えておきましょう。

 

 

同行避難とは…飼い主の身の安全を確保しつつ、飼い主はペットと一緒により安全な場所まで避難する行動(避難行動)。

 

 

同伴避難とは…被災者(飼い主)が避難所でペットを飼養管理すること。(避難状態)
ペットの飼養環境は避難所等で異なります。

 

 

自宅待機…自宅が安全で二次災害の危険がなくペットが自宅で生活できる状況の場合、避難所から飼い主が世話に通う。   

 

 

←迷子に注意

→ペットの虫対策

 

 

 



 

 

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

 

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

 

ペットの防災グッズとしてもオススメ!パッと開いてすぐに使えるケージ↓

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です