ペットのための防災対策 ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

2017年8月号ペット雑誌バディ掲載
ペットと暮らす

 

 

ペットのための防災対策 ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

 

 

 

 

 

 

人と動物(ペット)が一緒に安全に避難するためには、どんなことが必要でしょうか

 

 

  ◆人(飼い主)の防災心構え 動物(ペット)を守るためには、まず人(飼い主)の身の安全の確保が大事です。また、飼い主が動転していれば動物にも伝わりますので、落ち着きましょう。

 

 

◆避難の用意 犬は、首輪がゆるんでいないか確認し、リードを着けます。小型犬等をキャリーケースに入れる場合でも、リードは着けておきましょう。猫は、災害等でパニックになった時、安心できる場所等に隠れますので、日頃から猫の隠れ場所を設けておきましょう。隠れ場所をキャリーケースにしておくと、扉を閉めてそのまま避難することができます。ただし、猫がパニックになり扉を壊すこともあるので、テープ等で厳重に固定しましょう。ケージ等で飼っている小動物も、猫と同様に対応しましょう。

 

 

◆避難場所へ 災害時には、動物は日常と異なる行動をとることが考えられます。リードやキャリーケース等をしっかりと持ち、動物の安全にも気を配りながら、動物と一緒に避難グッズを持参し避難しましょう。なお、避難所は多くの人が集まるところですので、動物の飼い主は日頃以上に周りに配慮し、避難所での動物の世話は飼い主同士が協力し合うとともに、周りの人等に配慮したルールを作りましょう。

 

 

 

←マイクロチップってなんだろう?

→迷子に注意

 

 

 



 

 

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

 

滑りにくく、立ち上がりやすく、十分なクッション性がある優しいマットです↓

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です