マイクロチップってなんだろう? ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

2017年4月号ペット雑誌バディ掲載
ペットと暮らす

 

 

マイクロチップってなんだろう? ~山梨県動物愛護センターからのお知らせ~

 

 

 

 

 

 

マイクロチップは直径2mm、長さ12mm程度の円筒形の電子標識器具です。それぞれのマイクロチップには世界で唯一の15桁の番号が記録されており、専用の読取器(リーダー)で番号を読み取ります。

 

 

犬猫の場合は首の後ろまたは肩甲骨の間の皮下に専用のチップ注入器を使って埋め込むのが一般的です。針が太いので痛いのではないかと心配される飼い主さんが多いのですが、普通の注射と同じくらいの痛みなので心配はいりません。

 

 

迷子や災害、盗難や事故によって飼い主さんと離ればなれになっても、マイクロチップの番号を、市役所、町村役場、保健所、動物愛護指導センターなどに配備されてあるリーダーで読み取り、データベースに登録されている情報と照合することで飼い主さんの元に戻ってくる可能性が高くなります。

 

 

首輪や名札を着けていても、名札が取れたり、首輪ごと抜けてしまっては意味がなくなってしまいます。

 

 

大切な家族のために考えてみませんか?

 

 

 

←成犬、成猫から飼い始めてみませんか?

→ペットのための防災対策

 

 

 



 

 

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

 

 

ペット達の心地よさそうな寝顔を見られるしあわせ↓

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です