特別コラム:ねこってそうだったんだ!? ②猫を外で飼うことはいろいろな覚悟が必要

 

 

 

特別コラム:ねこってそうだったんだ!? ②猫を外で飼うことはいろいろな覚悟が必要

 

 

今回からは、猫の飼い方、「外飼いか? 室内飼いか?」についてお話ししていきたいと思います。まずは、私の昔話に少しお付き合い頂ければと思います。

 

 

 

 

 



 

 

もう、20年ぐらい前の話ですが、前回紹介したタマの後に、友達の家で生まれたメスの子猫をもらい、避妊をして飼うことになりました。その頃は猫は外で飼うのが当たり前の時代ですから、私も外に自由に出して、飼っていました。注意深い猫で、すぐに家にも帰ってくるし、全然心配していなかったんですけど、ある日の夜、家に帰ってこなかったんです…。

 

 

まぁ、すぐに帰ってくるだろうと思っていた矢先、朝、近所の小学生から「おばちゃんの家の猫が道で死んでるよ」って教えられて。慌てて飛んでったら、車にはねられて、亡くなっていました。あの時は、悲しみとショックで、「なんで外に出しちゃったんだろう、外に出さなきゃよかった」と、かなり自分を責めました。そのことがあってから、猫は絶対に外に出さないで飼おうと、私は心に決めました。その後は、室内生まれの子を知り合いからもらって、ずっと室内で飼っていて、今でも元気で生きています。

 

 

猫を室内飼いするのは、「猫のストレスが溜まるんじゃないか? 家で飼うのは猫本来の姿じゃないからかわいそう」と、おっしゃる方もいらっしゃいますよね。確かに、既に外の自然の楽しさを知っている猫を、部屋に閉じ込めることは、ストレスになるんだろうと思います。

 

 

ただ、外に出すということは、猫にとったら車に対するストレスがあると思いますし、轢かれる可能性もある。他の猫とのケンカでケガをして病気になる場合もあります。野良ちゃんの場合は、猫エイズなどの病気を持っている子もいるので、病気に感染する確率は高いと思います。

 

 

あとは、他の猫に追っかけられて、家から遠く離れてしまって帰れなくなることもあると思います。飼い主さんは、いつか帰ってくるんじゃないかとずっと待ち続けます。それも辛いことだと思います。また、近所の人や動物嫌いの人に迷惑をかける場合もあるかもしれません。

 

 

もし猫を外に出すなら、事故や病気、行方不明などになるかもしれないということを覚悟して飼わなくてはいけないと思います。(続く)

 

 

特別編4 ねこってそうだったんだ!?①

→特別編6 ねこってそうだったんだ!?③  2019年12月頃アップ予定

 

 

 


柏木ほつみ
ペットのホテル メゾン・ド・アミのオーナー。犬、ロバ、ウマ、アヒル、鳥など多くの動物に囲まれながら暮らしている、大の動物好き!

ペットのホテル メゾン・ド・アミ
長野県佐久市伴野1820-6
受付:7時30分~15時・17時~21時30分
TEL:0267-62-7848
http://nufu.jp/

登録/佐久保健所指令23第119-01004112号(保管)

click→ペットのホテル メゾン・ド・アミMAP

 

 

こちらもぜひご覧ください↓
◆ひとり編集部は毎日チャレンジャーであれ!!「ペット雑誌バディの編集長ブログ」
◆満足度95%以上!かわいい我が子のきちんとした写真を残したい、その希望を叶える「写真&編集スタジオバディ」
◆可愛いペット写真あります!「写真&編集スタジオバディのインスタグラム

 

 

室内で生活する成猫用フードです↓

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です