【基本編】犬の吠えグセの直し方!~吠えても良いことがないとわからせる~

 

山梨県発ペットのフリーペーパー「ペット雑誌BUDDY(バディ)」 2019年12月号掲載「うれしい!たのしい!!しつけ教室 第16回」

 

 

「犬が全く言うことを聞いてくれない」「犬の問題行動で悩んでいる」「犬のしつけのやり方がわからない」。犬のしつけや問題行動で、悩んでいる飼い主さん、いらっしゃいますよね。そんな飼い主さんにぜひ読んでもらいたいのが、「うれしい!たのしい!!しつけ教室」です。長年優秀な警察犬や家庭犬を育て、何千頭もの犬と接してきた名トレーナーがあなたが困っている犬に関する悩みを解決。愛犬の「やりたい」「嬉しい」「楽しい」を引き出すしつけ方をわかりやすく伝授します!

 

 

【基本のしつけ編】犬の吠えグセの直し方

 

 

自分の飼っている犬の吠えグセを直したい! 今回はそんなお悩みをお持ちの飼い主さんに向けての解決策、犬の吠えグセの直し方(基本編)をお送りします。ポイントは、吠えても良いことがないと、わからせること。犬が吠えたときに無視するのが、吠えグセを直す基本です!

 

 


連載執筆は、山梨県甲州市「望月ドッグスクール警察犬訓練所」所長の望月利彦さんが担当しています。◆望月利彦(もちづきとしひこ)/1960年山梨県生まれ。(社)ジャパンケネルクラブ範士、(社)警察犬協会1等訓練士、(社)シェパード犬登録協会師範。テレビドラマ「警視庁鑑識班」(日本テレビ系)にて警察犬のトレーニングを担当。警察犬協会主催の全国大会で2018年・2019年の2年連続で日本一を達成! 日本代表として世界大会でも活躍する実力派ドッグトレーナー。

 

 

犬は社会的な動物。吠えるのはコミュニケーションのひとつ

 

 

犬は社会的な生き物です。犬にとって吠えるとは、自分の気持ちを表現する手段。ダックスフンドやビーグルなどの猟犬や作業犬のグループのなかには、遺伝的に吠えやすい気質を持っている犬種もいます。

 

犬が吠えるのは自然な行為です。しかし、住宅街で家庭犬として暮らすときには他人の迷惑になることも…。吠える以外の感情表現を教えていく必要があります。

 

 

「吠えても良いことがない」と分からせます

 

 

犬が吠えたときに無視するのが、吠えグセを直す基本です。叱ったり、なだめたりと、あなたが反応してしまうと、犬は「吠えると気持ちを分かってもらえる」と思い、さらに吠えるようになります。

 

吠えてもかまってもらえないと分かれば、自然に吠えるのをやめます。ただし、運動不足や痛みが理由のときは、この限りではありません。

 

 

実践:犬の吠えグセの直し方

 

 

 


吠えてる間は無視して、しずかになったとき声をかけるようにすれば、犬は吠えても意味がないと思うようになります。

反応するとますます吠えます
 


犬が吠えたときに、あなたやまわりが反応すると、それが犬にとって「ごほうび」となって繰り返し吠えるようになります。

 

 

←第16回 愛犬の困った行動、理由を探れば直し方がわかります

→第18回 2020年10月頃掲載予定

 

 

望月ドッグスクール警察犬訓練所
山梨県甲州市大和町日影1539
TEL:0553-48-2823
E-Mail:info@mochi-dog.com
https://mochi-dog.com/
販売:3071040号 訓練:3071041 管理:3131079号

世界と日本の競技会で活躍しているドッグトレーナーが、ほめるしつけであなたの愛犬を良きパートナーにします! 犬のしつけが上手くできない、犬の散歩がとても大変だ、吠えグセ・咬みグセ・飛び付きグセを直したい…愛犬のことでお困りの飼い主さんは、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です