2017年FCI-IPOワールドチャンピオンシップの審査員を終えて!! 「膨らむ夢②」

 

 

長年優秀な警察犬や家庭犬を育て、何千頭もの犬と接してきた名トレーナーにしかできない教育をあなたの愛犬に。ほめるしつけで愛犬を良きパートナーにしましょう! 「うれしい!たのしい!!しつけ教室!」は今回から特別編。前号に引き続き、世界大会の審査員としてドイツに渡った望月氏のリポートをお届け。会場であるライネでいよいよ審査がスタート!

 

 

2017年FCI-IPOワールドチャンピオンシップの審査員を終えて!! 「膨らむ夢②」

 

 

ドイツで開催された世界大会の追及スタッフに囲まれての一枚!

 

 

 

さて、希望が膨らむ仕事である、2017年FCI-IPOワールドチャンピオンシップの審査に向けて、2017年9月11日に成田空港を出発しました。現地であるドイツのライネに到着したのが、同日19時。その後、防衛担当審査員である、マイク・グレイブ氏と夕食を共にし、明日からの審査スケジュールをこなす為に、22時に就寝しました。

 

 

9月12日は、スタジアム内の大会オフィスへ挨拶に行った後、11時よりライネ市長主催の歓迎会に出席しました。会場は、歴史と伝統を感じる市役所の会議室で行われ、2時間ほど昼食を摂りながらの歓迎会でした。

 

 

その後、スタジアムへ戻り、追及のオーガナイザーであるエバファルト氏、スーパーバイザーのカル氏、得点の報告を行うリヒャード氏との打ち合わせを済ませ、追及会場へと移動。ターニングポイントであるクラブハウスに到着し、印跡者との挨拶及び打ち合わせを行い、エバファルト氏と一緒に4日間の追及会場を全て視察しました。会場は、柔らかく耕された畑で、所々に5cmほどの苗が出ており、高得点続出の予感がしました。

 


9月13日は、防衛ヘルパーの選抜。私は追及担当審査員であるため、関係はありませんでしたが、1人目のヘルパーテストの時にヘルパーが負傷!!  急遽、私はヘルパーテスト会場に移動し、その場で審査員会議が行われました。このアクシデントで時間が遅れましたが、その後スタジアムで、服従と防衛のテストドッグによる実演、チームリーダーミーティング、開会式が執り行われました。19時から21時までは、出場順のくじ引きが行われ、日本チームは23番目に登場。指導手各々の抽選を行い、心の中で日本チームの健闘を祈りました。

 

 



 

 

審査中に何が起こるかわからないが気持ちだけはぶれないように

 

 

9月14日、いよいよ本番当日!!審査中に何が起こるかわからないが、自分の中で絶対に気持ちだけはぶれないようにと考えていました。今ワールドチャンピオンシップは出場犬が144頭!!5時50分に迎えの車に乗り込み、クラブハウスへ。朝食を摂り、5分ほど離れた追及会場に移動。

 

 

最初の印跡を見届け、7時30分に予定通り競技スタート!!本日は38頭の審査、残り8頭で終了というときに夕立!!もう少し天気がもってくれればという気持ちになりました。そのような悪条件の中でも、90点以上のSG評価が5頭出ました(残り3頭は途中で中止)。

 


9月15日は、昨日同様のスケジュールで、予定通り7時30分より審査開始となりました。この日も38頭を審査し、会場の条件が良く高得点が続出、審査も行いやすく最後まで集中して終了することができました。

 


9月16日も予定通り7時30分より開始となり、36頭を審査しました。審査も3日目となると、疲労もピークと思っていたら、会場に慣れたせい!?か足取りも軽やかにどんどん審査をこなすことができました。

 


この日は、一度ホテルへ戻り着物に着替えて、いざガラディナーへ!!日本男児に変身!!しかし、主催者のミスで食事を摂ったのが22時過ぎとなり、ホテルへ戻ったのは24時過ぎでした。次号に続く。文:望月利彦

 

 

 

←第16回 望月氏の特別リポート(世界大会審査員を終えて①)

 

→第18回 望月氏の特別レポート(世界大会審査員を終えて③)

 

 

 

望月 利彦(もちづき としひこ)
1960年山梨県生まれ
望月ドッグスクール警察犬訓練所主宰
(社)ジャパンケネルクラブ範士
(社)警察犬協会1等訓練士
(社)シェパード犬登録協会師範


望月ドッグスクール警察犬訓練所

〒409-1204 山梨県甲州市大和町日影1539

TEL&FAX:0553-48-2823
https://mochi-dog.com
E-MAIL:info@mochi-dog.com
販売:3071040号 訓練:3071041号 管理:3131079号

 

 

click→望月ドッグスクール警察犬訓練所マップ

 

 

 

インテリアとしてリビングに馴染むオシャレなペットケージ↓

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です