【人間の指示で動く犬】牧羊犬グループを飼う上での注意すべきポイントを解説②

 


山梨県発フリーペーパー「ペット雑誌BUDDY」 2019年4月号連載コラム「超大型犬マスターに聞く!! 第6回」

 

 

超大型犬の行動やしつけのことで、悩んでいませんか? そのお悩みを解決するコラムが「超大型犬マスターに聞く!!」です。長年、超大型犬と暮らしてきたからこそわかる超大型犬の行動やしつけ方法をドッグカフェのマスターが教えてくれます。ブリーダーとしての経験も豊富なマスターのアドバイスを聞けば、気持ちがスッーと楽になり、超大型犬に関する悩みが解決できること確実です!

 

 

超大型犬に関する悩みは、超大型犬マスターに聞け!! ペット雑誌バディの記者が超大型犬の達人に突撃取材を敢行。今回は、前回に引き続き、人間の指示で動く犬の代表的な犬種、牧羊犬グループを飼う上での注意すべきもうひとつのポイントを超大型犬マスターに教えてもらいます。

 

 


コラム執筆は、グレートデンが看板犬の山中湖にあるドッグカフェ「Dogs Garden WILDPARK」のマスターが担当しています。◆マスター/東京から山中湖に移住。現在は多くの犬達との田舎暮らしを満喫している。年1回のペースでグレートデンオフ会を主催、超大型犬の講習も随時開催中です。

 

 

【人間の指示で動く犬】牧羊犬グループを飼う上での注意すべきポイントを解説②

 

 


2019年5月末のリニューアルオープンに向けて重機で作業するマスター!

 

 

 

記者
前回、牧羊犬を飼う上でのひとつ目のポイントとして、咬むかもしれないという危機意識をもってください、というお話しでしたが。

 

 

 

マスター
そうですね。今回はもうひとつの注意すべきポイントをお話させて頂きます。牧羊犬グループの犬たちというのは、飼い主とのマンツーマンの関係を好みます。飼い主の指示に従うことを好む性格があり、常に指示待ちをしているような状態なので、飼い主と愛犬の間に割り込んでくる者を特に嫌います。

 

 

 

記者
なるほど。そうなんですね。

 

 

 

マスター
例えば、日常生活においてボール投げをしたり、飼い主と一緒に遊んでいるときは、犬にとって最高の時間なので、その時に飼い主に近寄ってくる犬だったり、遊びに割り込んでくる犬などに対して、攻撃する傾向にあります。

 

 

 

記者
攻撃するんですか?

 

 

 

マスター
はい。特に牧羊犬グループの犬は、前回ご説明したように、咬みつき事故を起こしやすい性質ですので、犬が集中している状態やその空気感にある場合は他の人や犬との接触を避けるように気を付けてください。コーギーは食に固執するので、おやつを配るときなどは、気を付けて(笑)。

 

 

 

記者
そこがこの犬種グループの特長なんですね。

 

 

 

マスター
次回からは、牧羊犬とは真逆の使役犬グループについて説明しますね。

 

 

 

バディ編集部コメント

 

人間の指示で動く犬である牧羊犬グループの犬は飼い主さんとのマンツーマンの空間を好む! 牧羊犬を飼っている飼い主さんにはぜひ覚えて頂きたい犬種の特徴ですね。

 

さて次回は、牧羊犬グループの犬とは真逆の特徴を持つ使役犬グループの犬について超大型犬マスターに教えてもらいます。前回の「牧羊犬グループの犬を飼う上での注意点その1」と合わせて、ぜひご覧ください!

 

←第5回「牧羊犬グループの犬を飼う上での注意点その1」

→第7回「牧羊犬とは逆! 使役犬グループの犬は自分で考えて行動する」

 

 

Dogs Garden WILDPARK
山梨県南都留郡山中湖村山中1359 ※花の都公園裏通り沿い
営業:11時~17時
定休日:火・水曜日
TEL:080-5895-0089
https://dogs-wildpark.com/
click→Dogs Garden WILDPARKマップ

秘密基地的ドッグカフェが2019年8月に誕生! 山中湖畔にあったドッグカフェ「WILD WAN」が店名を「Dogs Garden WILDPARK」変えて移転オープン。マスターがDIYで完成させたトレーラーハウスのドッグカフェである同店は、ハウス内&テラス席で、おいしい料理とドリンク、アルコールなどが楽しめます。さらに、バーベキューを楽しめる貸切ドッグランも併設。ワンちゃん連れはもちろん、DIY好きの方、田舎暮らしに興味のある方、大歓迎のドッグカフェです!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です