【小型犬は小食】犬が食べる時食べない時、食べて良い物悪い物!

 


山梨県発フリーペーパー「ペット雑誌BUDDY」 2018年12月号連載コラム「犬から尊敬される魔法のフード選び 第3回」

 

 

最近、愛犬の食欲がない。愛犬のごはんの回数や量はどうすればいいの? やっぱり手作りゴハンって犬に良いの? 愛犬に何を食べさせればいいのか? 最近、愛犬の食欲がない…などなど、愛犬の食事のことで悩んでいませんか? そんな犬のフードのお悩みを解決するコラムが「犬から尊敬される魔法のフード選び」です。ペットフードのスペシャリストとして長年活躍している、ペットフードアドバイザーの白川さんが、犬の食に関するあらゆる悩みを解決してくれますよ!

 

 

「食」を通じて愛犬が飼い主さんをもっと好きなるお話をしてくれるのが、ペットフードアドバイザーの白川さん。「犬から尊敬される魔法のフード選び」の第3回目は、犬がゴハンを食べる時食べない時、食べて良い物悪い物についての解説。実際にフード作りに携わる立場からの食の話、ぜひご覧ください♪

 

 


コラム執筆は、ペットフードアドバイザーとして20年以上活躍している白川洋之さんが担当しています。◆白川洋之/株式会社ナチュラルセレクトジャパンGM、厚生労働省認可(財)職業技能振興会認定オーガニックコーディネーター、ペットフードアドバイザー、愛玩動物飼養管理士。「食の観点」から代謝の変化を見続けて22年以上の実績。ペットフードのスペシャリストとして、豊富な経験をもとに、実践で役立つフード選びや楽しく暮らすための勉強会を日本各地で開催中。少人数からOKのフード講演会も随時受付中(お問い合わせはバディまで)。click→ナチュラルセレクトジャパンホームページ

 

 

【小型犬は小食】犬が食べる時食べない時、食べて良い物悪い物!

 

 


2018年10月21日に甲府で開催された愛犬イベントでの講演風景

 

 

 

◆小型犬は小食!

 

 

小型犬飼い主さんから多い質問。

 

 

「食が細い」「すぐ飽きる」

 

 

小型犬は飼い主さんが思っている以上に量を食べません。

 

 

食べない時は、今はいらないのサイン。

 

 

多様化する犬食材、多くの犬は慢性的な満腹(満足)状態な子も。

 

 

食べ過ぎ与え過ぎに注意!

 

 

犬は食べる量を自分で調整する。

 

 

量と時間は犬のペースに合わせて♪

 

 

◆食は楽しく♪

 

人間はたくさんの食材から選んで食べる。

 

 

好きなもの嫌いなもの、栄養の考え方もいろいろ。

 

 

何を食べる?

 

 

たいして悩むことはない。

 

 

犬の場合は?

 

 

犬が食べてはいけないものだけを避ければ良い。

 

 

カンタン♪

 

 

犬の情報をスマホで検索し正しいと言える情報は「食べてはいけないモノ」、唯一これだけ。

 

 

食材には良い点悪い点はあるが一つの栄養素や食に偏って与え過ぎなければ気にする必要なし☆

 

 

食材のメリットを重視し良いなら続けるダメならやめる!

 

 

シンプルに考えることができれば、尊敬される指数80確定♪

 

 

バディ編集部コメント

 

犬が食べてはいけないものだけに注意して、偏らず与えすぎなければOK! 犬のフードは、シンプルに考えることが大切なんですね。ぜひ参考にしてみてください♪

 

さて次回は、「食べる時食べない時・食べて良い物悪い物」です。前回の「実際にフード作りに携わる立場から食の話、始めます!」ぜひご覧ください!

 

 

←第2回「たんぱく質の摂り過ぎ注意!犬の食性と超簡単なドッグフード選び!」

→第4回「一番好きな物はコレ!わが子を知る事」

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です