【犬を飼うことで迷惑をかけていませんか?】犬の飼い方を考えましょう

 

山梨県発ペットのフリーペーパー「ペット雑誌BUDDY(バディ)」 2012年10月号掲載

 

 

犬や猫の飼い方、しつけ、マナーなどなど、飼い主さんの役に立つこと間違いなしのペット情報をお届け! ココでは「山梨県動物愛護指導センター」からのペットに関するお知らせをお送りします。犬や猫の飼い方教室の情報や犬・猫の譲渡情報もありますので、ぜひご覧ください!

 

 

【犬を飼うことで迷惑をかけていませんか?】犬の飼い方を考えましょう

 

犬に限らず動物を飼う場合、動物の本能や習性等をよく理解し、家族の一員として、最後まで面倒を見る責任があります。また、犬を飼うことにより社会に迷惑をかけてはいけません。次のことを守って、愛情と責任をもって飼いましょう。

 

 

犬の糞・尿の後始末をしましょう


飼い犬の排泄物は持ち帰って処分しましょう。通行中に踏んでしまったり、犬の体についてしまったら嫌ですね。清潔を保ち、周辺の生活環境の保全に努めましょう。

 

 

 

 

 

 

犬の放し飼いはやめましょう


柵等で囲まれた飼い主の敷地内、室内、または人の生命や財産などに危害を加えず、人に迷惑を及ぼすことのない場所を除いて、犬の放し飼いはしないようにしましょう。放し飼いにすると、人や他の動物に危害を加える恐れがあるだけでなく、犬も迷子や交通事故等に遭う危険があります。また、犬をけい留する場合には、けい留されている犬の行動範囲が道路又は通路に接しないようにしましょう。

 

 

飼い主さんの所有者明示をしましょう


万が一、外に出てしまって迷子になったり、事故に遭ってしまったら…。鑑札や済票、迷子札等を首輪につけておけば、保護されたときにお家に帰ってくることができます。マイクロチップの埋め込みも確実な身分証明になります。

 

 

 

 

 

 

→【飼い主さんは要確認】犬を守れるのはあなただけ!

 

犬や猫を動物愛護指導センターから迎えてみませんか?

 

「犬や猫を飼ってみたい!」とお考えの方、動物愛護指導センターから迎えてみませんか。譲渡の主な条件や新しい飼い主を探している犬や猫の情報は、山梨県ホームページに掲載しています。譲渡条件などの詳細については、動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。

 

【譲渡の主な条件】
①飼い方教室の受講 ②不妊・去勢手術の実施 ③【犬】狂犬病予防法に基づく登録、予防注射の実施 ④【猫】完全室内飼育

 

山梨県動物愛護指導センター
〒409-3812 山梨県中央市乙黒1083
TEL:055-273-5034
https://www.pref.yamanashi.jp/doubutsu/60_002.html

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です