【柴犬はキレイ好き】柴犬の特徴と柴犬を迎えたいと思っている人へのアドバイス

 

山梨県発ペットのフリーペーパー「ペット雑誌BUDDY(バディ)」 2018年12月号掲載「どうぶつって、そうだったんだ!? 戌年特別コラム:柴犬について vol3」

 

 

えっ、どうぶつって、実はそうだったんだ!? 犬や猫はもちろん、ロバ、ウマ、アヒル、鳥など、いろいろな種類の動物と暮らしてきた、長野県佐久市にあるペットホテルのオーナー柏木さんの連載コラム「どうぶつってそうだったんだ!?」。前回に引き続き、戌年スペシャル企画としての特別編「しばってそうだったんだ!?」をお送りします。柴犬ブリーダーとしての経験もある柏木さんが、柴犬の習性や性格、飼い方など初心者にもわかりやすく教えてくれます!

 

 

柴犬の行動がわかれば毎日がさらに楽しく! 柴犬の飼い方に関して悩んでいる飼い主さんに向けてお送りする特別コラム「しばってそうだったんだ!?」。最終回である第3回目は、他の犬種とは違う柴犬の特徴、そして柴犬を迎えようと思っている方に向けてのアドバイスをお送りします!

 

 


コラム執筆担当は、長野県佐久市「ペットのホテル メゾン・ド・アミ」のオーナーを務める柏木ほつみさんが担当しています。◆柏木(かしわぎ)ほつみ/犬、猫、ロバ、ウマ、アヒル、鳥など多くの動物たちに囲まれながら暮らしている、大の動物好き! 動物に対する豊富な知識で、お客さんの悩みを日々解決している。

 

 

【柴犬はキレイ好き】柴犬の特徴と柴犬を迎えたいと思っている人へのアドバイス

 

 

 

 

 

今回も柴について、いろいろと語ってみたいと思います。

 

 

私の知り合いでオスの柴を2頭飼っている人がいるんですけど、その人はいつも2頭を離して飼っているそうです。

 

 

なぜかというと、仲良く遊んでいるときはいいんだけど、何かのきっかけで大げんかすることがあるからだそうです。

 

 

柴犬は成犬になると自分がトップに立ちたい犬種なので、他の子とケンカするケースも出てくるということですね。 

 

 

私の経験から言っても、オスとメスだと割と上手くいくけど、オス同士の多頭飼いは難しいケースもあるかもしれないですね。

 

 

これまでにもお話しましたが、柴はもともと群れで生活する犬ではないので、ほっとかれるのが一番いいみたいですね。

 

 

柴犬はキレイ好き! 自分のテリトリーではトイレをしません

 

 

次は、柴が他の犬種と比べて大きく違うところについてです。

 

 

柴って、ホントにキレイ好きなんですよね。ほとんどの柴は、自分のテリトリーではトイレはしません。

 

 

テリトリーからなるべく離れたところでトイレをする特長がありますね。

 

 

柴は優秀な猟犬だから、自分の気配を敵に知られたくないから、なるべく離れたところでトイレをするんですね。

 

 

柴は自分のテリトリーを守ろうという意識が強いです。

 

 

逆に、柴は自分のテリトリーじゃないから守らなくていい、ということがわかりさえすれば、あんなに扱いやすくて、おとなしい犬はいません。

 

 

私がずっと柴犬のブリーダーをやってきてわかったことは、柴のことをきちんと理解して飼ってあげれば、静かだし、我慢強いし、あんなに良い犬はいません、ということです。

 

 

今までにいろいろな犬種をみてきましたけど、私は犬が一番魅力的な犬だと思います。こんなに面白い犬は他にいません! 

 

 

柴犬を迎えるならお母さんをチェックするべし!

 

 

最後にこれから、柴を家族として迎えようと考えている方にアドバイス! 

 

 

もし柴犬を迎えるなら、絶対にその子のお母さんを見せてもらった方がいいです。

 

 

お母さんが穏やかだったら、その子もたいていは穏やかです。

 

 

3回に分けて柴犬について語ってきました。柴を飼っている人は、柴犬のルーツを知り、本能を満足させてあげて、犬も飼い主さんもハッピーになって欲しいと思います。

 

 

世界中の柴犬が幸せになりますように…心から願います。

 

 

(終わり)

 

 

バディ編集部コメント

 

全3回に渡ってお送りしてきました「しばってそうだったんだ!?」。柴犬のルーツから飼い主さんのお悩み解決、柴犬を迎えるときのアドバイスまで、柴好きの飼い主さんに少しでも参加になりましたら幸いです。全3回、ぜひご覧になってみてください。

 

さて、次回からは、柴の次は猫ってことで、またまた特別編、「ねこってそうだったんだ!?」をお送りします。こちらもぜひご覧ください。

 

←特別編2.「しばってそうだったんだ!? ~柴犬が他の犬と遊ばないのはなぜ? なぜ柴犬はツンデレ?~」

→特別編4.「ねこってそうだったんだ!? ~猫のことが大好きになったタマの話~」

 

 

ペットのホテル メゾン・ド・アミ
長野県佐久市伴野1820-6
受付:7時30分~15時・17時~21時30分
営業:年中無休 ※完全予約制
登録/佐久保健所指令23第119-01004112号(保管)
TEL:0267-62-7848
http://nufu.jp/

click→ペットのホテル メゾン・ド・アミマップ

長年の経験と実績のある動物に関するプロが責任を持ってお預かりする動物専用ホテルです。ストレスのことを考えたケージに入れないお預かり。明るい天窓、犬目線の低い窓、木の温もりが心地いい特別もあります。2019年には全個室型の猫ちゃん専用ホテルの新館がオープン! 小動物専用のペットホテルもあり。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です