第2回うおバカ日誌(仮)「師匠、魚を飼い始めたきっかけを語る」

「うおバカ日誌(仮)」とは、2016年9月1日発行「BUDDY」より始まった、魚の道を極めるコーナー!
魚の道のプロであるトロピカル中澤師匠に教えを請い、弟子である熱帯魚素人のピンガ三谷が、
魚の道を極めていく物語である。笑いあり、涙なし!

基本的にポンコツな師匠とポンコツな弟子がお互いをバカにしながら、
楽しくお送りするコーナーとなっております。

師匠は9割ボケ、1割しかまともなことは言いません! そういう人間のコーナーですから、
マジメに読んでも腹が立つだけです ホントに軽~い気持ちで楽しんでください。
で、少しでも熱帯魚に興味を持ってもらえたら、うれしい限りです。
では、リラックスして、お酒でも飲みながら、気持ちをフワッとさせてから、どうぞ(^▽^)/

 

20160420232619ce0師匠:トロピカル中澤
中学1年でピラニアを飼い始めてから、魚とともに人生を歩む。「飼うのも好きだけど、捕まえたかった」と、20代で単身ブラジルに渡り半年を過ごす。熱帯魚ハンターとして有名なグランデ小川氏に弟子入りし、トロピカルの名をいただく。現在、師匠はインペリアルゼブラプレコを自宅で飼育。「好きな魚は売れる魚!」と言いきるゲス野郎でもあります!? 趣味は食品の裏に書いてある表示を鑑賞すること。毎週日曜は、ペットフィールド敷島店(甲斐市中下条949-2 TEL:055-277-5965)に出勤中。日曜は師匠をイジリ倒す日。師匠のブログはコチラをクリック➡インぺな時間

 

 

 

pinnga弟子:ピンガ三谷(写真左)
山梨県発ペットのフリーペーパー「バディ」の編集長。魚に関してはまったくのド素人。小学校のとき、デパートの屋上の熱帯魚を見て感動、プラティなどを衝動的に飼い始めたが、飼い方が何もわからず全滅させてしまった苦い経験あり。最近、水槽にもう一度チャレンジしたい気分が高まって…。「水槽を置いてスタジオをかっこ良くしたい! 魚をやっている男ってモテそう!」とのゲスい想いで師匠に弟子入り。ちなみにピンガとはブラジルのお酒の名前。師匠が3秒で考えて付けてくれた、テキトーすぎる名前で頑張ろうと思いますっ! 弟子のブログはコチラをクリック➡編集長ブログ

 

 

 

 

第2回「師匠、魚を飼い始めたきっかけを語る」

 
弟子:今回は、師匠と魚の出会いを聞いていきたいんですけど。
飼い始めたきっかけはなんだったんですか?
師匠:ロングロングアゴ―。昔々あるところにトロピカル中澤というイケメンがおりました。
トロピカルは川に魚釣りに。その川の上流からどんぶらこ、どんぶらこと桃が流れてきて……。
あぁ~、昔のことを思いだそうとすると、頭が、い、いたい…。
弟子:師匠、そういうつまらないボケはいいですから…。
師匠:何だ、その愛のない言葉は! お前なんて、死ねばいいのに…。
弟子:師匠、そのトーン、マジで怖いです。
早く、魚を飼い始めたきっかけ、教えてくださいよ。
師匠:中一のときだな。ホントは犬か猫が飼いたかったけど、家の事情で飼えなくてな。
それで、しょうがなくって感じで魚を飼い始めたわけだ。
弟子:最初に飼ったのは?
師匠:ピラニアだ!
弟子:いきなりピラニアって、サスガ師匠です! スケールが違いますね~。
師匠:実はデパートの屋上にある熱帯魚屋のお兄ちゃんに
「ピラニアがデカくなったら、5,000円で買い取るよ」って言われてな。
弟子:アンタ、金のためって…。やっぱりゲスいですね(笑)。それでこそ我が師匠!
師匠:完全にバカにしてるな。お前なんて、ピラニアに食われちゃえばいいのに。
弟子:だから、そのトーン、怖いですって。で、どうなったんですか?
師匠:ピラニアはけっこう丈夫な魚で、大きくなるまで、ちゃんと育てたぞ。
その後は、ネオンテトラ、エンゼルフィッシュを飼い始めた。
そこで魚の魅力にハマったんだな、俺は。その頃は、ネットもないから、本を買い込んで、
モーレツに魚のことを勉強したもんだよ。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

弟子:ウソだと思ってたけど、魚好きは本当だったんですよね。
そんなことより、昔って今みたいにネットでエロ動画とか見られないから、
自動販売機でエロ本買ったりして、ドキドキして楽しかったですね~。
師匠:お前、何言ってるのかわかってるのか?
このコーナーは、女の人も読んでるんだぞ、たぶん…。
弟子:いや、師匠、女の人でも下ネタが好きな人もいると思うのですが…。
師匠:お前、それ以上いうと、三枚に下ろすぞ。あっ、俺、上手いこと言うな(笑)。
弟子:もう、調子に乗らないでくださいよ、ポンコツ師匠。
師匠:誰がポンコツじゃ! よーし、お前を黒魔術で殺そう。
弟子:だから、怖いですって。で、その後は?
師匠:中学、高校と魚を飼って、すっかり魚にハマった俺は、高校卒業後、今はなき、
伝説の甲府水族館で、働き始めたんだ。小さいけどアットホームで、
マニアックなお店だったなぁ~。スタッフは3人だけで、
そこである程度お店を任されるようになって、さらにどっぷり魚にハマっていったんだ。
弟子:マジメかっ! もうちょっとボケてもらわないと。
師匠:あっ、メンゴ、メンゴ。俺だってマジメな時代もあったんだよ。
ふっ、マジメな俺も見てほし~の♪
弟子:マジで、気持ち悪いですよ。で、どうなったんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

師匠:魚を飼うのも好きだけど、俺は自分自身の手で捕まえてみたかったんだ!
そう、飼うだけじゃ満足できなくなって、実際に現地に行って捕まえてみたいという気持ちを
抑えられなくなったんだ。で、ブラジルに行こうと決心したんだ!
弟子:ブラジルって! そこまで行かなくても、笛吹川でいいじゃないですか。
まさか、師匠、ブラジルに行きたかった本当の理由って、サッカー留学でしょ?
師匠:そう、ボールは友だち怖くない。どもっ、ロベルト本郷ですって、オイ!
そんなわけないだろ。俺が高校時代やってたのは、サッカーじゃなくて、グランドホッケーだよ。
弟子:?? グランドホッケー? なんですか、それ? そんなスポーツ、存在しないでしょ。
師匠:ゴメンね、マイナーで(怒)。芝生の上でやるホッケーだよ。
実は、俺って、高校時代、グランドホッケーで日本一になってるんだよね~、フンッ。
弟子:そんな自慢気に言われても、マイナーすぎて、いまいちスゴいと思えないんですけど(笑)。
師匠:だな(笑)。しかーし、グランドホッケーを制するものは、魚も制す。
弟子:ムムっ? それって、どういうことですか?
師匠:つまり、こういうことだ。芝の上でやるホッケーというのは…。
うぅ、アァ~、ホッケーのことを思いだそうとすると、頭が、い、いたい…。
弟子:このバカチンがっ! マジメにやらんかい(続く)。

 

トロピカル名言③
「お前なんて、ピラニアに食われちゃえばいいのに」

トロピカル名言④
「魚を飼うのも好きだけど、俺は捕まえたかった」

 

次回は、いよいよブラジル編。
ってか、誰も興味がないのに、師匠にスポット当てすぎのような…。

魚の飼い方スタートまで、今しばらくご辛抱くださいm(__)m